OpenmeetingsをCentOS6にインストールする

投稿者: | 2012年11月1日

CentOS6にOpenmeetings をインストールしてみました。

# sh ./jdk-6u37-linux-i586-rpm.bin
  • MySQL5をyumでインストールする
# yum install mysql-server
  • MySQLのデフォルト文字コードをUTF-8に変更する。
 # vi /etc/my.cnf

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# D1isabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0
default-character-set=utf8 ← 追加
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
default-character-set=utf8 ← 追加
[mysql] ← 追加
default-character-set=utf8 ← 追加
  • MySQLサーバを起動する。
 # /etc/init.d/mysqld start
  • 自動起動をセットする
 # chkconfig mysqld on
  • rootにパスワード設定する。
 # mysql -u root
 mysql> use mysql;
 mysql> update user set password=password('********') where user = 'root';
 mysql> flush privileges;
 mysql> exit;
  • 匿名ユーザを削除する。
 # mysql -u root -p
 mysql> use mysql;
 mysql> delete from user where user = '';
 mysql> flush privileges;
 mysql> exit;
  • Openmeetings用のDBを作成する。
 # mysql -u root -p
 mysql> create database openmeetings default character set utf8;
 mysql> grant all on openmeetings.* to user_om@localhost identified by '********';
 mysql> flush privileges;
 mysql> exit;
# mkdir om
# cd om
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache/incubator/openmeetings/2.0-incubating/apache-openmeetings-incubating-2.0.0.r1361497-14-07-2012_1108.tar.gz
# tar zxvf apache-openmeetings-incubating-2.0.0.r1361497-14-07-2012_1108.tar.gz
# wget http://www.mysql.com/get/Downloads/Connector-J/mysql-connector-java-5.1.22.tar.gz/from/http://cdn.mysql.com/
# tar zxvf mysql-connector-java-5.1.22.tar.gz
# cp -p mysql-connector-java-5.1.22/mysql-connector-java-5.1.22-bin.jar om/webapps/openmeetings/WEB-INF/lib/
# cd webapps/openmeetings/WEB-INF/classes/META-INF/
# mv persistence.xml persistence.xml.org
# mv mysql_persistence.xml persistence.xml
# vi persistence.xml
  •  Firewallの設定でTCP5080/1935/8088/4445ポートへのアクセスを許可する。
 # vi /etc/sysconfig/iptables

 # Firewall configuration written by system-config-firewall
 # Manual customization of this file is not recommended.
 *filter
 :INPUT ACCEPT [0:0]
 :FORWARD ACCEPT [0:0]
 :OUTPUT ACCEPT [0:0]
 -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
 -A INPUT -p icmp -j ACCEPT
 -A INPUT -i lo -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5080 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 1935 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8088 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 4445 -j ACCEPT
 -A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
 -A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
 COMMIT

# /etc/init.d/iptables restart
  • ホワイトボードに画像をアップロードする機能を使う場合は ImageMagickをインストールする
# yum install ImageMagick
  • ホワイトボードにPDFをアップロードする機能を使う場合は Ghostscript と SWFToolsをインストールする
# yum install ghostscript
# yum install xpdf
# yum groupinstall "Development Tools" zlib-devel
# wget http://www.swftools.org/swftools-0.9.2.tar.gz
# tar zxvf swftools-0.9.2.tar.gz
# cd swftools
# ./configure
# make
# make install

swftoolsをmake install すると下記のエラーが発生する。

rm -f /usr/local/share/swftools/swfs/default_viewer.swf -o -L /usr/local/share/swftools/swfs/default_viewer.swf
 rm: オプションが違います -- 'o'
 詳しくは `rm --help' を実行して下さい.
 make[1]: *** [install] エラー 1

下記のように修正して、再度 make install する。

# vi swfs/Makefile

$(INSTALL_DATA) ./swft_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/swft_loader.swf
# rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf -o -L $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf
rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf
$(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/simple_viewer.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf
# rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf -o -L $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf
rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf
$(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/tessel_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf
  • ホワイトボードにOffice文書をアップロードする機能を使う場合は、OpenOffice と JODConverter をインストールする。
# yum install libreoffice
# wget http://jodconverter.googlecode.com/files/jodconverter-core-3.0-beta-4-dist.zip
# unzip jodconverter-core-3.0-beta-4-dist.zip
  • 録音およびホワイトボードに動画をアップロードする機能を使う場合は、FFMpeg と soxをインストールする
# wget http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-1.0.tar.gz
# tar zxvf ffmpeg-1.0.tar.gz
# cd ffmpeg-1.0
# ./configure --disable-yasm
# make
# make install
# yum install sox
  • サービスを起動する。
# cd ~/om
# sh ./red5.sh
下記エラーが出た場合は /etc/hosts に ホスト名が設定できていない

 org.quartz.SchedulerException: Couldn't get host name!

下記エラーが出た場合は DBの設定が正しくない。persistence.xml を確認する。

 com.mysql.jdbc.exceptions.jdbc4.MySQLNonTransientConnectionException: Could not create connection to database server.

ブラウザで http://localhost:5080/openmeetings/install にアクセスします。

インストール画面が表示されるので、各設定をする。入力が終わったらインストールボタンをクリックする。設定でわかりにくいのは下記。

Converters
 SWFTools Path:
 SWFTools実行ファイル(pdf2swf)への絶対パスを入力する。(例:/usr/bin)
 ImageMagick Path:
 ImageMagick実行ファイル(convert)への絶対パスを入力する。(例:/usr/bin)
 FFMPEG Path:
 FFMPEG実行ファイル(ffmpeg)への絶対パスを入力する。(例:/usr/bin)
 SoX Path:
 SoX実行ファイル(sox)への絶対パスを入力する。(例:/usr/bin)
 JOD Path:
 jodconverterのlibへの絶対パスを入力する。(例:/usr/bin)
 OpenOffice/LibreOffice Path for jodconverter:
 OpenOfficeの絶対パスを入力する。(例:/usr/bin/openoffice.org)

以上で完了です。

 

OpenmeetingsをCentOS6にインストールする」への10件のフィードバック

  1. akahane92

    とても参考になります。
    お陰様でサイトを構築できました。
    ありがとうございます!

    返信
  2. アリアス

    はじめまして、サーバー関係勉強中のアリアスと申します。

    当サイトを参考に導入を試みたのですが、
    http://localhost:5080/openmeetings/install
    にアクセスすると
    「HTTP Status 404 – /op/install/」
    と表示されてしまい表示出来ません。
    ホスト名のエラー、DBのエラーは出てないように思えるのですが、
    「# sh ./red5.sh」このコマンドでサービスを起動する際、後半にエラーが出てまして・・・
    長文失礼致します。
    「Exception org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error creating bean with name ‘red5.common’ defined in class path resource [red5.xml]: Instantiation of bean failed; nested exception is org.springframework.beans.BeanInstantiationException: Could not instantiate bean class [org.springframework.context.support.FileSystemXmlApplicationContext]: Constructor threw exception; nested exception is org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error creating bean with name ‘rmiRegistry’ defined in class path resource [red5-common.xml]: Invocation of init method failed; nested exception is java.rmi.server.ExportException: Port already in use: 9999; nested exception is:
    java.net.BindException: Address already in use」
    上記の文章が表示されています。
    なにかアドバイスをいただけたら、と思います。
    お手すきでしたら返信よろしくお願い致します。

    返信
    1. けんさん 投稿作成者

      記事をご覧頂きありがとうございます。
      今環境がないので、推測なのですが、
      「Port already in use: 9999; nested exception is:
      java.net.BindException: Address already in use」
      となっていますので、おそらくポート9999が別のサービスか何かで使われているためにbindに失敗しているのではないかと思います。

      一助になれば。。。

      返信
      1. アリアス

        返信有難う御座います。

        ポート9999使ってるサービス無いので他のところばかり弄ってました。

        返信を見て改めてポートが競合してる点を探してみたところ
        Red5を以前導入しそのサービスがずっと動いている状態でした。
        こちらを停止後改めてスタートしたところ無事起動いたしました。

        助言感謝です!オハズカシイ・・w

        返信
  3. Kiyonori

    はじめまして。OpenMeetings の導入を考えている Kiyonori と申します。構築の大きな参考になりました。
    ホワイトボードの機能について、どうしても解決できないことがありましたので、ご助言いただければと思います。PDFやJPEG, PNGファイルをホワイトボードに表示することはできます。しかしMicrosoft Office系のファイル (doc, docxなど) をホワイトボードに表示しようとすると「DELETED」と表示されてしまいます。OpenOffice, JODConverter 辺りが原因だと思うのですが…何かわかりましたら、ご回答いただければと思います。

    返信
    1. けんさん 投稿作成者

      はじめまして、レスが遅くなってすみません。
      Office系はあまり確認していないので、私もよくわかりません、、、。
      お力になれず申し訳ないです。

      返信
      1. Kiyonori

        けんさん
        せっかく回答いただいておりましたにも関わらず、こちらこそレスが遅くなりすみません。別件で立て込んでおり、なかなか OpenMeetings 構築に手が回っていません。解決出来ましたらコメントさせていただきます。

        返信
  4. アリス

    OpenMeetingの2と3を入れてみたのですが、どちらも1時間くらい接続していると、画面が(動画部)がフリーズ?切断?します。セッションタイムアウトかと思い、設定などを色々いじってみましたが変化はありませんでした。
    他の方は長時間の接続で問題は出ていないのでしょうか?
    解決方法がありましたら是非教えてください。

    また、red5.shを手動で起動するとオフィスのアップデートができますが、
    rc.localに記入したり、サービスに登録?bshで起動するスクリプト登録
    で起動すると、アップデートされるのですが表示できない状態になります。
    こちらもみなさんはうまく動いているのでしょうか?
    権限も色々試しましたが解決できませんでした。

    返信
  5. ピンバック: 絶対成功:OpenMeetings2.1インストール備忘録 – Spray

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です